2017年08月07日

犯人はSJ

寝が浅くて2時前に寝たのに5時半から起きちゃって、
仕方ないから掃除機かけて、本の自炊を始めた日曜日。
600MBぐらいスキャンした。
あのぶっとい淀川長治、蓮見重彦、山田宏一「映画千夜一夜」もバラした。
これはちょっと失敗していろいろ変なところが破れて残念な出来に。
けどこの本の面白いところは淀川さんが消失しちゃってるたくさんのフィルムのストーリーを語るところだよね。
確か谷崎の未完の小説の構想まで話していたような....そのページがどこに行ったやら...。

映画のパンフレットもスキャン。
マニアが見たら悲鳴をあげちゃうかもしれない「ライフオブブライアン」とか「ブレードランナー」とか、バシバシ切っちゃうよ!
その中で、「エイリアン」一作目のあるページだけがまっすぐスキャンできない。そのページだけスキャンし直しても同じ結果になる。
....どうやら自動的に傾きを補正する機能を有効にしてるかららしい。
しかし、何を基準にこのページが傾いてるのかと....はっ!

スクリーンショット 2017-08-06 12.03.21.jpg
posted by tom at 00:36| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

シカバネィノゥ

昨日、描きあぐねていた漫画の方向性をお風呂でふと思いついて、よしよしと寝床に着いた。
で、本日知ったジョージAロメロの訃報。
実はその漫画ってゾンビと幽霊ものなんだよね。
これは御大からの「描きなさい」というサインだと勝手に解釈して
ペンを持つことにします。はい。
スクリーンショット 2017-07-17 21.37.17.jpg
posted by tom at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

【小さなお噺】器の件

 妻と間男を殺めた純朴な牛飼いが、陽の当たらない牢で死刑を待っていた。
そこに王の元で働く工の匠がやってきて彼をじっくり眺め、やがて看守に声をかけ牛飼いを牢から出した。
彼は牛飼いを自分の工房に連れて行き小さな部屋をあてがった。
 匠は何を作るのかは語らなかったが、彼に牛に関しての凡ゆる事柄を何日もかけて尋ね続け書き留めた。言葉少ない牛飼いは好きな牛の話を言葉を選びながら丁寧に教えた。続きを読む
posted by tom at 22:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 短文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

僕の、僕の幸運を祈ってください!

ブラッドベリの短編に「歓迎と別離」という作品がある。
子供に恵まれない夫婦の家を渡り歩く成長しない少年の話。
「普通と違う」事に気がついた家族から別れて、少年はまた旅に出る...
主人公がラストに駅員に向かって「僕の、僕の幸運を祈ってください!」というのが印象的。
初めて知ったのはNHKの朗読の時間だったっけ。二日に分けて放送されて不思議な作品だな〜と思った。

先日の夜一通のメールが個人アドレスに届いた。件名は

「選考結果のご連絡」

え?と開いてみると
「この度はご応募ありがとうございました。
書類選考の結果、誠に残念ながら、今回の採用要件に合致しない為、
次のステップにお進み頂く事が出来ない結果となってしまいました。
ご意向に沿えず申し訳ございませんが、ご容赦下さいます様お願い致します。
なお、選考基準の詳細につきましては非公開とさせて頂いておりますのでご理解下さい。」

まてまて、自分は何か応募したか?応募?
けどこれって、どう読んでも就活してるときにもらうアレじゃん。アレ。
いわゆる不採用通知。
.....3年前の夏は30通ほど貰ったよな、これ。
40代も後半になると、面接まで行かないんだよね。
ちょっと辛かったなー....

そして、メールの最後はこう締めくくられていた。

「末筆ながら、転職活動の成功をお祈り致します。
それでは失礼致します。」

でもって数時間後には
「この度システム上の不具合により、こちらのメールが誤送信されていたことが
判明いたしました。」
とお詫びのメールが届いた。

....あ〜ん!久々にお祈りされちゃったよ!!
posted by tom at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

「プレイ・ザ・ゲーム」クイーン

リラックスして恋のゲームを楽しもうという歌。

クイーンが最初にシンセサイザーを取り入れたアルバム「ザ・ゲーム」のオープニング。
個々のメロディあるいはサウンドはなんらかの意味や表現のために選ばれて使われ一つの曲が出来上がる。
それでは、この曲の最初のキュウウウウウウウウウウウウンンンンンン〜は一体何を表しているのか。

ドット絵的なビデオゲームに入っていく表現?
アドベンチャー的なパッションあふれる間奏を聞いたら、やっぱりそうなんだろうな。
実は、初期の切ない雰囲気が好きな自分にとってここらへんのクイーンって
どの曲も「俺って一番!俺達最高!!」感あふれて、全然聞いてなかったんだけど、
少し前にNETFLIXの「ラブ」というコメディドラマのラストにかかって、いたく感動した次第。
(あのドラマは音楽と、いろいろとどうしようもないヒロインの八の字眉毛がいいんだよ。)
だから最初のキュウウン〜は、恋に「堕ちる」音だと勝手に決めた。

いいじゃないか。

追記:
だからといってPVで炎の中から半裸で出てくる必要はないぞ、フレディ。

posted by tom at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トマトなミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする