2008年10月13日

マティアバザール/アントネッラ・ルッジェーロ「セ・テュット・ウン・モンド・イントルノ」

まずはマティア・バザール時代の方から。
はじめに歌ってる美人は、なんだかわからんがゲストなんだろう。
めっさ音痴だ。
アントネッラは...若い若い。
ボーイッシュで、白目剥いて見ていて恥ずかしくなるほど相当カッコつけてる。



で、こちら最近の方のアントネッラ。
ボーイッシュというか、こういうおじさんもいるよね。
マイクのコードがひっかかってるのもさえない風景ちゅうか
なんというか....
昔の大げさな曲風を取っちゃって、なんともシンプル。
けど、声に深みが増してる。
サビのところの甘い歌声は、ええねぇ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック