2012年01月18日

-キロク

・「死国」坂東眞砂子 読了。
...わりと真っ向勝負な物語だった。
死んだ娘が、恨みと嫉妬しかなかったのは、ちょっと物語的に寂しかったかな。
友人と再会する葛藤ぐらいはあっても良かったのではと。

・ipodTouch(カメラ付)をクリスマスプレゼントとして買う。
え?古い話だって?いいじゃん。
いままで、カメラを携帯したことなかったので、じゃんじゃん撮るぞーと思ってたが
意外と活用してない。
そんなものなのか!
(ちなみに前の記事の凧揚げ写真はそれで撮ったもの)

・アニメ「うさぎドロップ」全12話
ようやく見終わった。これは丁寧でいいね。
みていて「そうそうそうだよね」って思うところが多かった。
海外の評を読むと、やはりダイキチの女性へのアプローチが日本的なのが
いまいち理解できてない人が多かったのが興味深かった。
原作も面白いよ。後半は批判的な人が多かったけど、あれでもまぁいいとおもうし。

・自分の書いてる物語に引用してるくせに、いまだ読んでなかった「二十四の瞳」を読み始める。
面白い。

・今、あちゃんと2人でビートルズに関して勉強しています。
古本屋で片岡義男訳が歌詞を訳した本とかを買ったりしました。
「おとうさんが訳したものと内容が違う!」
「そら、韻を踏んだりしてるところをどう文章として訳するかで違ってくるのよ」
「ふうーん」
先日買った100円の文庫本「ビートルズ」には、以前の持ち主の書き込みがビッシリ。
気持ち悪いを通り越して、面白い。
一部をがーっと囲んで端に「この文章はわからない」と書いてたり
「このときエプスタインは何をしていたのか?」とか。

・息子さんの方が、ミニバスケットボールのクラブに入会。
週末はいつも練習で、家族の生活形態があきらかに変調。
しかたないので、残ったあちゃんと映画を観る事にしました。(…またあちゃんとかよ)
先日は個人的に好きな「静かなる男」と
大砲の弾にのって空飛ぶシーンで妙に泣けてくる「バロン」を。
次回は「ローマの休日」か、「ある日どこかで」になる予定。
(ただし「ある日どこかで」は実家からレーザーディスクのデッキを取って来なければならない)

・◇『ミラー衛星衝突〈上下〉』 ロイス・マクマスター・ビジョルド著/
小木曽絢子訳
皇帝直属聴聞卿マイルズ、惑星コマールのミラー衛星事故を調査。

キターーー!
待ちに待ったヴォルシリーズ最新刊がようやくでるぞ!
あうう、あまりにもでないので思い切ってソーゲンに「いつでるのですか?」とメールした事もあたっけ。
「いまのところ予定はありません」つって返って来たけど。
posted by tom at 18:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 濁書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくでぇーす。

死国は映画観て原作は読んでないいです。
話の種類的には好きなのでいつかは読むぞ。

あちゃんとビートルズ、いいなあ
オイラも見習わないとなあ・・・
最近娘にガミガミ言いすぎてるようなので
気をつけねば。

この前TVでやってたいんでぃのクリスタルスカル
を娘と一緒に観ました。
娘二人は、インディといえばデズニーシーの
アトラクションというイメージらしい。
cmの間に時代背景やジュニアの生い立ちなんぞを
簡単に解説などしてやったら、興味を持ったみたいで、今度レイダースでも借りてこようかと。
にしてもハリソン年取ったなあ、あたりまえだけど。
Posted by たま at 2012年01月19日 09:41
よろしくでぃーす。

死国は、四国の成り立ちを面白い解釈してるところはいいよ。

ウチもガミガミですから安心めされ。
200回言うて1回分頭に残ってくれたら
ガミガミ言うたのも無駄にはならんという事ですて。
(自分の子供の頃をおもいだしたらわかるやんw)

クリスタスカルは、がっくりきそうなのが
怖過ぎてまだ観てません。
やっぱり1作目が一番おすすめですね。
(しかし、インディが浮気性なところを説明せなならんのは難しい)
ヘビ!ムチ!飛行機!発掘!ミイラ!潜水艦!おばけ!ナチ!
もう単純で大好き。
潜水艦のシーンは「1941」ジョン・ベルーシのパロディだわな。
Posted by とむ at 2012年01月19日 11:06
「死国」はなんか少女マンガ読んだ気分だった。
 おじさん達がやたらめったらガチムチでかっこいいのが作者の憧れが仄見えてほほえましかったです。
 マイルズシリーズ出るんだね!楽しみです。
Posted by 佐藤さえ at 2012年01月20日 23:21
 今日、注文していた本屋さんがヴォルシリーズの最新刊もってきてくれました。
 読むの楽しみなんですが、暇が無いです。もうちょっとお預けかな。
 トムさん読んだ?面白かった?
Posted by 佐藤さえ at 2012年04月24日 22:16
新刊が出ると聞いた月から
ヴォルの歴史順に読み直している。
「無限の境界」は、『喪の山』だけ読んで
一旦「ヴォルゲーム」に移ったりして。

ただいま「ミラーダンス」の後半。
このあと「メモリー」もあるから新刊は半月後かな?(勿論刊行日に買ってるけど)

面白いのを知ってる本を読み直すのは、安心して読めるから、3月みたいに多忙な日々には良かったよ。大分忘れてたから、また楽しめた。

日本版の表紙があまり合ってないと思ってたけど
海外の方が想像以上に変だったのにはショック。
http://baencd.thefifthimperium.com/24-CryoburnCD/CryoburnCD/Gallery/index.htm
軍隊の服装などは参考になるけど、それ以外は....
暇になったら自分で描いてみるかとも思ってる。
Posted by とむ at 2012年04月25日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック