2012年01月19日

オラメモ(俺だけ得するメモ)「Macな人がipodtouchで青空文庫を読む手順」

1.変換にiTextを使用
2.ダウンロードしたルビ付テキストを「青空文庫テキスト書類」で読み込む
3.「縦書き表示」に
4.「用紙設定」はカスタム設定で14cm×22cmを作って設定
5.文字の大きさなどは以下のようにして
 やはり読みやすいのは明朝

ピクチャ 2++.jpg

5.メニューでプリント画面に行って紙出力せず、PDF形式を選択。

ピクチャ 2+.jpg

ということで、実際画面に表示すると、少し文字が小さいように思えるが
文字が大きいとページをめくる指が疲れるので、そこのところ個人の好みで。

ちなみにいくつかのビューアーappを試した結果、やはり
GoodReader(有料)が一番ラクだった。
めくれたりスライドするギミックは結局疲れるだけだからいらないよね。

追記;
ipod縦書きに用紙設定した白紙データをテンプレート替わりに残しておくと
ちょっと便利だよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247224349

この記事へのトラックバック