2012年04月05日

「Ultima volontà 」マティア・バザール

一日中この曲が頭の中でぐるぐる鳴っていたので
とうとう載せてしまいました。
音選びは、バリバリ80年代ですが
「カッコイイ」を追求して、まるで流線型のマシーンを愛でるようなメロディが大好きです。
中学生のころはアルバムの中のなにげない一曲として聞いていたのですが
改めて聞き直すと、アントネッラの声の良さも最大限に発揮された素晴らしいものだと思います。
ラストのにむけての開放感のドラマチックなことといったら。


そして、これはそのlive
ワイプの連続でもっちゃりしてる映像ですが、口パクでないのがうれしいです。
ラストには珍しい、ハモニカをふくアントネッラも観れますよ。
posted by tom at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トマトなミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック