2012年07月18日

こっそりと

梅雨時
『ああ、何か行動しなければ、カラダもココロもブクブクと太って行くのだ』
などと夜食後にゴロリと寝ながら考えて、ふと海外のイラスト投稿サイトに登録してみた。
スクリーンショット 2012-07-18 18.05.07.jpg
有名なサイトなので登録の仕方を邦訳解説してくれてる人もいて、それを参考にモゴモゴと打ち込んだ。
ネタは、ピクシブに上げたものばかりで。

おおまかな雰囲気はピクシブとおんなじなんだけど、もちろん日本とちょっと違うなと思った点もいくつかある。
 まず、写真もアクセサリーもポエムもカテゴリに入っている。アート全般だな。
でもって、FanArt(二次創作)のカテゴリもある。この部分、ピクシブはあいまいだから
この絵にかかれているキャラクタはオリジナルなのか違うのかよくわからなくて
タグを見てなんとなく分かる場合が多い。
 向こうは著作権とかの関係も結構きびしいのか絵をアゲる時点で「ウォーターマークをつけるのか?」「このサイズでダウンロードさせていいのか?」などの選択項が出てくる。
そのくせ、アゲた直後に出てくる画面が「この絵を有料でダウンロードさせる場合、お前はどのサイズでイクラにする?」だったりする。(勿論売り上げの何割かはサイト側に抜かれる)
この画面を初めて見たときに「ええ、そういうのもセットでやらなきゃいけないの?」と律儀に打ち込んでいたが、解説サイトで「無視してもいい」と知って、ほっとした。
正直こんなサイトでコチョコチョ価格設定しても、だれも買ってくれないそうだ。
....まるで、フリマのすみっこのブースでダンボール上に売れない商品並べてる気分。(やったことないけど)

さて僕の作品、海外の人の反応なんだが...
はっきりいって、日本とほぼおんなじ!
それだけ、世界のレベルが統一されてきたということか、いやいや、僕の問題だな。

タイトルや解説も英訳するのに、ぐーぐるセンセイに頼りっぱなし。
和文を英訳して、もう一度和文にもどして点検したりして。
そうそう、他のユーザーから来る簡単なコメントさえも、まともに読めない。
馬鹿過ぎて笑うしか無い。

「おまえの作品気に入ったよ!」とチェック入れたりするのもピクシブと同じだが
これを「Fav」という。
で、僕の絵にFavを入れてくれた人のところへ行くと
意外と顔写真出ししている人が多い。シャイなぼくちんには出来ない事です。
けど、美人な金髪おねいさんやイケメン兄ちゃんからチェックされて
彼らのトップに僕の絵が上がってるのを見るとちょっと嬉しくなるね。
タイトルが「洟垂れハウス」だったりするんだが...。
スクリーンショット 2012-07-19 17.29.37.jpg
(こんなメンツだよ)
その反面そのおねいさん兄ちゃんのアゲてる絵がめっちゃ良かったりしたら
落ち込みますわ「若いのに上手いなぁ!俺は20年ほど無駄に過ごしたよ!!」と。

 海外の人の絵をみていると、アメコミの筋肉体にタイツが基本にある。
その点、日本の人の基本はノッペリで着膨れ、十二単だ。
手足と顔が出ていればなんとか人に見えるだろうというもの。
僕もたまにかく人物でさえそういった感じで誤摩化していたので
今回、そういう向こうの人のマッチョな絵をたくさん見てしまい
「自分の描きたい絵を描くには、一段上の絵を描くには、基本からやりなおさんといかんわな」
と痛感。
この歳から新しいこと(というか基礎勉強)をやるのはちょっと辛い。
只今、なんとか楽して上達する方法を模索中。
模索しすぎて、ちょっと絵が描けなくなってる今日この頃だったりする。
posted by tom at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック