2013年03月21日

病気の時に観るゆめ

下の息子さんがよく寝言を言う。しっかり発声するので起きているのかと疑うが
たいていそのあとに歯ぎしりするので、ねているんだな。
「社会!社会!」
「肉を半分にするんや!」
「そう!そう!」
...当然のことながら本人は何の夢を観ていたのかはおぼえていない。

この多忙な時期その息子から胃腸炎をいただいて、週末はず〜〜〜っと布団の中だった。
久々に阿呆ほど寝た。
僕の夢は週末ではなく終末の世界で、「ザ・ロード」よろしく乳母車を押してうろうろしていた。
なぜか外人さん3人と仲良く便所飯していたり、妙に楽しい終末風景だったな。
posted by tom at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック