2013年12月09日

経過報告12月あたま

会社
なんだかんだで、引き継ぎの人に教える毎日。仕事が楽しそうでなにより。
これって入社したての自分思い出すよね〜。
僕が抜けるという事で会社全体の動きも変わって働きやすい。
本来これが普通の形態なんだよなって感じなんだけど、
残念ながらそれに気づいてももうそこには参加できないし、
それには自分が抜けてはじめて成り立つという皮肉。

退職届
正式に書いて提出することになった。
せっかくだからとPOP文字で仕上げると、案外と楽しい。
日付を間違えて書き直しもさせられたが...(退職届ってひと月前に出すんだって)
そういえば、しばらくまともに字を書いてなかったことに気付き、これから履歴書を送ったりする際は、字だけが相手が見る「顔」になるんだとしたらペン習字も必要だなと思い始めた。
そこでとりあえず今は家で個人的に飽きがこない「映画のタイトル」なんかを書いてたりしてるんだよ、君。

歯医者
ボッキリ折れた左下の奥歯の治療をはじめて4回目の歯医者に行き、治療の中止をお願いした。
『実は会社やめちゃうんで、インプラントなんてむりっす」
このまま歯が抜けた状態でいるとどうなるかと聞いたところ
「上の歯が落ちてきます。隣の歯が倒れてきます」と言われた。なるほど。
ブラッシングを心がけると多少なりとも歯茎がマシらしいのでそうすることにした。
治療終了!(今はまだ抜いたところが少しシクシクする)

読書
「心は孤独な狩人」で身も心も引きずられたので、コリャイカン少しでも能天気なものと読んだ
大槻ケンジ「グミ・チョコレート・パイン」グミ編のヒロインのチャーミングさにズッッキュンしたが
(偶然会った名画座で「(ジョン)カーペンター好き?」なんて言うんだぜ!)
パイン編の変貌ぶりに絶望!!
いや、変わってないのは男達ばかりっていう話だった。
で、考えると今の僕には学園ものが良いのだと
続いて手に取ったのは誉田哲也「武士道シックスティーン」
あ、これぐらいがちょうどいいです。

家族
妻「じゃあ、春はお父さん確実に休みなんだからようやくネズミーランド行けるよね!」
子供「わーい!」
な、なんなんだこれは!!家庭が妙なハイ状態になってるぞ!ヤケクソか?!
いやいや巧妙な再就職への追い込みか?

奥さん専用iPad-mini
ひもじくて購入中止する前に買った。後悔はしていない。

学校
高校の奨学金申請用紙に「年内で退職する故」と書く。
posted by tom at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント



「映画のタイトル」で練習とは、考えたねえ。
タイトルだけみても記憶とか蘇ってワクワクやもんね。
うちではオイラが字が一番汚いです。
ハズカシー!

歯医者
そうかあ、医療費とかも影響出てくるもんなあ、、、


読書
おいらは毎晩藤沢周平で
サラリーマン(武士)の悲哀や
庶民のささやかな営みを
しみじみ感じてます。

ねずみー園
ワールドバザールのゲーセンでレトロであやしい
占いマシーンで・・・・
・・・いいことがあるかも



忙しいと思いますが体調に気をつけてね。
Posted by たま at 2013年12月10日 17:04
 そうかー、インプラントは便利なので、余裕ができたらおすすめします。私は保険がきかないころにいれて22年たったのかな。とてもいいよ。
Posted by 佐藤さえ at 2013年12月10日 23:33
>映画習字
姿勢よく椅子に座って
「スペースボール」「武器人間」
「遊星からの物体X」とか
「ああ、おんなたちの猥歌」とか
かいてるの。
なんと絵になる風景だこと。

>汚い字
以前医者からの定期検査告知ハガキが家に来て
奥さんが「うわ!何このきったない字!どんな事務員雇ってるやら!」とわめいたことがあったんですが「スイマセンそれ僕自身が医者で直接住所かかされたハガキです」とは言えませんでした。

インプラントは高い割に
怖い話ばかり聞かされるので
ちょっと怯えてるんです。
レーシック手術も同じように怖い話ばかり聞かされるの。

>ネズミーランド
占いマシーンがあったら、まずコンセントを抜いてから、コインを入れることにします。

>藤沢周平
「鬼の爪」読んだら、必殺の剣法がたくさんあって、まじめなようで山田風太郎風のようでしたね。
もっとも時代小説は、僕よりも奥さんの方が専門でして、主に山本一力なんかを読んでますわ。
あ、そういえば、先日図書館のリサイクル本放出で周平本一冊もらったから、今度おいらも読もうっと。
Posted by とむ at 2013年12月11日 13:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382290397

この記事へのトラックバック