2014年08月27日

スキャナーズみたいに破裂しそうな毎日

新しい職場の印象は「不思議な場所」だ。
最近表情が乏しい若者が多いのはお気づきだろうか。何を考えてるのかな〜?と時々不安になってくる。
今回の会社は社長自体が若い人なんだが、職場全体の雰囲気自体がそんな感じなのだ。
広々としたビルのワンフロアをかりてやってるのだが、基本会話がチャット。
仕事の記録が残るからと言う事なのだが、奇妙だ。
向かい同士でもチャット。
仲が悪い訳でもないんだが...なんだろこのウラシマ感...。

仕事は体力的に全然ラクなんだが、おぼえる事が多すぎて頭がパンパン
なんせルールが多くて、書き続けるメモもたかが数日でパンパンである。
しかもいきなり部署を2カ所まかされるし、前任は今月でやめるし
わー!なにがなんやら。

この不思議な若い会社に通う事になったのも、何か不思議な縁かなと思うことにしたのが
昨日製作したあるもの。
「これね、●●●●っていう映画の撮影で使われるんですよ」
.....そうきたかー
「映画好きの声無き想いが、こういうふうに流れを持って来たのか」と勝手に解釈した。
自分の個性も出てないし、映るか映らないかのものだけど、
なんとなく面白いよね、そういうの。
posted by tom at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさ。
前の記事で通勤の下見のすぐあとに
やめたとか書いてたのでちょい心配したけど
ヤバそうなとこなら辞めて正解だとおもふ。
新しいとこ決まってオメデトウ。
映画のプロップとか?スゴイやん
Posted by たま at 2014年09月06日 22:46
心配させてごみんなさい。もう大丈夫です。
自分でも知らんうちにそういう仕事をしていたらしい。
Posted by とむ at 2014年09月07日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404449205

この記事へのトラックバック