2014年09月13日

ウラシマヌスタロリアス

1.携帯を持ったことが無いと言うと、社員のみんなから悲鳴があがった。
「いや、前の会社がブラックだったからだそうで」
と社長が的確な説明をすると
「ウチはホワイトだからぜひ持って下さい!」と女性社員から言われた。

2.金曜日夕方5時半。
「FamilyFridayですよ。今日は早めに終わりましょう」
そんなことを言いながら社長も社員も早々に帰ってしまった。
なんだそのFamilyFridayって?と追い出されるように家に帰宅。
家族に説明すると、笑われた。

3.「amazonでね、デザインした※※を売ってるんですよ。
でね、出しても良いってデザインがあったら是非出してください。
1つ売れるごとに、デザイナーに100円つけます!」

4.今度の会社は取り扱っている商品ごとに複数のサイトに分けて運営しているのだが(別に怪しくないよ)
なぜか入社して半月の自分が2つを担当している。
この2つがなんというか、自社サイトを読んでも分かりにくくて、
しかもニッチなニーズっていうのかな、ごく一部の趣味の人とかに必要とされていて(卑猥なことで無いよ)
趣味のおっちゃんとかが、電話してくる。メールでなく、電話。
客の半数ぐらいがメール出来ない人、PCをあまり使わない人。
その人たちに「この内容ならこんな感じで仕上がります」などと説明をしてあげるのだが
僕自身その商品をあんまり熟知できてないので、ほとんどハッタリに近い説明で切り抜けている。
電話口でなぜかミブリテブリ、変な汗かきながら説明。
「まずですね、サイトのトップに戻ってですね。〜ってかかれてるところ押してください。え〜っと...ああなるほど...●●って書かれてますよね。ここにサイズを入れていくんですよ」
説明して行く途中で、自分もはじめてみるページにたどりつき思わず『ああなるほど』とつぶやいたり。
思えば今までモノ相手の職人仕事だったから、人相手に応対する仕事って初めてなんだよね....
大変だよ、僕も電話の向こうの客も。
説明が終わって実際の商品の製作もするんだが、モノ相手の方がまだ落ち着くわ。
posted by tom at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405326421

この記事へのトラックバック