2015年02月21日

『風立ちぬ』再考

というわけで今テレビで放映してるのだが、
僕自身は台所の洗いものや風呂入ったりして、時々観てた。
どの場面でも目を見張る動き、表現がある。
なんと、劇場で観たときより数倍面白いのだ。
これはと思って観るのをやめた。
またしばらくおいてからちゃんと見直すのが礼儀だろう。

実はこれは長編映画ではなくて、短編、あるいはシークエンスの集まりに過ぎないモノだと言う事が分かってきた。場面場面がぶつ切りで、観ている方は置いてけぼりをくらう。
まともにハナシを追っていると、なんだこりゃとなってしまう。
同じような映画と言えば、人形アニメのクエイ兄弟の作品『ヤンシュヴァイクマイエルの部屋』あれに近い。

この映画を長編として成立させるのに必要なのは「暗転」と「チャプターごとのタイトル」だ。
暗転で観ている者の思考を整理させ、描けてない物事を客自身が補う。
それが必要だったのかもしれない。

しかし宮崎駿はそれを拒み、最高の食材をツナギのなしで料理し
結果仕上がったモノは、鈴木敏夫氏のお得意のカンバンにつられて腹を空かして店に入ったお客の前でバラバラと形を崩してしまったのだと思う。

おそらく宮崎駿はアニメという物を追求したあげく、細かく描く事しか出来なくなったのだろう。
カリフラワーの親戚でロマネスコという野菜がある。とてもフラクタルな形状だ。
宮崎駿の思考はあのようになってしまったのかもしれない。
飛んで行く帽子を捕まえる、そんな何気ない仕草にも心血を注いでいる。
たいした事が起こっていないようにみえる。高速回転している車輪が止まって視えるのに近い。
2時間にかける気力を15分程に凝縮してしまうのだから、映画8本ほどのボリュームで
見終わるとどっと疲れる。
なるほど本人が言うようにこれでは長編はもう無理かもしれないね。

『風立ちぬ』はもう「長編映画」としての態を成していない。
posted by tom at 10:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさです。
風立ちぬ この前のTVで初見でした。
>長編ではない
そうそう、観たときなんかもやもやしてたんだけど、
まさに言いたいことをとむはんが言うてくれて
コレや、と。

自分は模型雑誌に連載してた原作を読んでたから補完しながら観れたけど、
客自身が補うための要素が必要だというのは同感です。

絵はとにかくすごいよね、タバコのシーンとか

おいらは独身時代に喫煙者だったんですが、絵観てたら自分が吸ってたときの感覚が蘇ってくるもんw
一緒に見てた小5の娘は、昔の人はあんなにタバコ吸ってだいじょうぶなん?どんな味するん?とか聞いてました。




Posted by たま at 2015年02月27日 12:54
たしかに、アニメにしてはタバコシーンが多いかもしれんが少し前の実写映画はあんなもんだったでしょう。
今の子供が観たらちょっと驚くかな。
僕は吸わないから、あの吸ってる間はわからんけど
パヤオさんは、センチヒのおにぎり場面や他のジブリの食事シーンと同じ感覚で描いてるのかもしれないね。
原作読みたいけど、出ないんかね...まだ...。

実はこの感想文で、だれかが間違ってクエイ兄弟作品を観ちゃって「だまされたー!とんでもないモノをみせられたー!!」となるのを密かに狙ってます。えへ。
Posted by とむ at 2015年02月28日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック