2015年10月25日

【TVドラマ】表参道高校合唱部!(全10話)

〜両親の別居生活で母親方ついて香川から東京にやってきた真琴は
両親の出身である表参道高校の合唱部に入り、二人の復縁を成就させるべく伝説の「愛の歌」を探そうとする。〜

久々に日本のドラマ全話見ました。
いわゆる和製「GREE」なんだと思いますが、ごめん「GREE」も最初の数話しか見てません。(妊娠話が出てきた時点でなんだこりゃ?で....)
合唱の選曲が少し懐かしめなのが親の層も巻き込む企みなんですよね。うまいなぁ。
歌のうまい人ばかりで、かわいい若手も多いし、脇の大人もはまり役が多くて満足しました。

楽しく観れた分、少しの欠点が惜しいなとも思っています。
(以下ネタバレあり)


どこがというと、まず、主人公真琴がピンチに陥った時にする「10秒ジャンプ」
1話めのクライマックスに必殺技のように出てきます。物語の空気を変えるイイアイテムでした。
しかし、これが後半になると全く生かされなくなってしまいます。
確かに印籠か無敵アイテムみたいに毎回使われるのもどうかと思いますが、もう少し考えて欲しかったと思っています。

次に、物語の敵役であるデビッド伊東扮する教頭。コミカルに演じてよかったのですが、改心するのがあっさりすぎて残念すぎます。
個人的な意見ですが闘病話に1話割くなら、実は家庭事情が大変な教頭回というのがあったほうが、作品の質が30倍は上がったと思うんですよ。ロクデモナイ暴力ヒモ男にから家出娘を連れ帰る。夜の公園で泣きながら10秒ジャンプして娘の下宿先に乗り込む教頭、なんてベタな展開でも良かったんです。

そういった点でいうと、最終回で語られる真琴のダメ親父の旅話が実に良かったです。キャラに深みがでました。

合唱部のメンバーに一人演技が上手いというか、脇役なのにちゃんと全身演技してるなって娘がいました。
途中から主人公よりそっちの方が気になっていました。少しオーバーアクト気味かもしれませんがこう言うコメディドラマならいいですよね。舞台でも出てる女優なんだろうかと調べましたら、森川葵と云う人でした。
数日前もポカリスエットのCMに出てきて「あ、売れてるんだ」と納得しました。(髪型はドラマの方が似合っているよね)
神田沙也加の演技も初めて見ましたが、上手いですね。感心した。

posted by tom at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428458062

この記事へのトラックバック