2015年12月13日

Xの事情(Y談ではない)

 それにしても仕事が多い...
前の会社とは違い週休二日になったとはいえ、その分仕事が5日間にギュウギュウ詰めで、結局毎日社の入り口の鍵を閉めて帰っている。
 日本人は自分の時間と仕事の時間を分けて考えてはダメだよという記事をどっかで読んだのだが、もうどこだったか思い出せない。しかしその教えはなんとなく事あるごとに思い出して、仕事の中に遊びや楽しみを取り入れるようにしている。
 そんなこんなで通勤途中の人物観察も楽しみの一つである。

 その彼女は、毎朝ホームのほぼ同じ場所に立っている。僕が乗る車両の扉を待つ列の先頭である。
僕は彼女の事を「のっぽちゃん」あるいは「要さん」と呼んでいる(勿論心の中で)
なぜならば、容姿が俳優の要潤が女装したらこんな感じだよねと思ったからだ。
20代後半とみているが、女装と言ってもブサイクではなくどっちかというと化粧映えするおねいさんで、少しシャクレていても、そこいらのサラリーマンのおいさんから頭一つ高いスレンダーな容姿から、総合得点では美人の部類に入る人だと思う。

あ、要さん、今朝も居るよ...
実は自分の密かなジンクスの一つに「知っている人を見かけると本日のポイント1点」というのがあって、この点数が多いほどいいことあると信じている。
そのルールから行くと要さんは、必ず1点くれるラッキーガールなのである。

同じ人を毎日ジロジロ見ているとこれはれっきとしたストーキングになっちゃうのだが
まぁ半年以上毎日「見かけている」と、嫌でも彼女のいろんな情報がたまってくるのである。
降りる駅をはじめ、あ、このコートこの前も着てたなとか、でっかいマフラーが好きだとか、ゴルフクラブ持って通勤する日もあったり。ラッシュタイムなので車内で何度か間近に立つこともあり不可抗力で覗いちゃったスマホが少女漫画だったり。
ここまで書くとやはりストーキングの類になっちゃうのかなと思ってきた。
どこで興味と犯罪の線引きをしていいのか分からない。
まぁ、一生正面切って関わり合うこともないだろうからセーフなんだろうけどね。

 要さんは、しばしばその細い足をエックスの形に交差して立つことがある。
女性独特のポーズで、男は骨盤の関係かその格好をしても全く楽ではない。
 要さんのエックスが出現するのは、主に彼女が短めのスカートを履いている時である。
 これは世の男子諸君ならわかってもらえると思うが、素晴らしい観察の成果だ。
(やはり変態の一歩手前やん....)

 横断歩道の向こうからホームが見えてくる。
高架の影を落としたホームには時刻表のスタンドが立っており
その下から交差した細く黒いストッキングのエックスが見える時
僕はまさに「ポイント」をゲットした気分で改札に向かう階段を駆け上がるのである。
(おまわりさんこの人です事案?)
posted by tom at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック