2017年01月01日

2016年に観たりした映画のベストなんとか

中学生の頃は個人誌をつくって勝手に「クロデミー賞授賞式」なんてやってました。
最近も思い出して、Googleスプレッドシートに観た作品のリストを書いています。
こちらのリストを観ながら2016年の、良かったの悪かったのをいくつか出してみたいと思います。
 
よかった作品。
『ホドロフスキーのDUNE』
ツルモトルーム版「スターログ」誌読者歓喜の面子が続々登場!まるで『七人の侍』みたい。
メビウスによる動く絵コンテに興奮!ホドロフスキーの山師風な語り口も健在。
ただし、最後のホドDUNEの影響を受けた作品群というのがちょっとこじつけすぎ。

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』
エロ〜ンな気分で観たら、アーティスティックな映像だったのと、しっかり怖くて、なぜか懐かしいホラーの味を醸し出して居た。多く説明しないのが良かったね。補食場面が秀逸。
ちなみに肝心のマッパなスカジョはスタイルがあう〜ん...でしたが、ベッドでのアクションは怖かったヨ。

『ムーンライズ・キングダム』
作り込みが半端ないので飽きずに楽しめました。
俯瞰で沢山の人々を描くところが、望月峯太郎の漫画を読んでる気分に近い。
いつもながらクライマックスがやり過ぎでカートゥーンになってしまうのが悪い癖。
ラストの音楽最高です。

『ヒア アフター』
静かな物語で好きです。(ラストの映像は余計)

『天才スピヴェット』
同じ作風のウェス・アンダーソン(「ムーンライズ〜」)はまだまだ伸びシロありそうですが、
本作品の落ちついた作風をみるにつけ何か物足りなさもありながら、監督ジュネの到達点ではないかと。

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』
醜悪にして耽美。フェリーニへのオマージュと挑戦状。

『her/世界でひとつの彼女』
映像と音楽が良すぎて飽きない。
ただしスカジョの声は良いとは思えない。結末が曖昧でヌルくないか?

『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』
「あの頃ペニーレインと」と併せてみると面白いね。

『トゥモロー・ワールド』
荒んだ世界の描写が好き。

次点
『小悪魔はなぜモテる?』

よくなかった作品。
『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』
お洒落変態映画の出来損ない。観ていくうちにだんだん魅力がなくなるキッドマン。

『ババドック』
存在の理由や退治法が明確でないホラーは面白くない。腹は立ったが「キング絶賛!」の文字を見て納得。

『心が叫びたがっているんだ』
何故ドロドロさせる?

『私が、生きる肌』
まさに醜悪。グロテスク。観ている自分がイヤになるほど。

といったところです。
いろいろ細かい事を言い出すときりが無いのですが、ラストのツメが甘い作品が多く選んで観た感じがします。
劇場に観に行ったのは数本で、残りはテレビかNETFLIXです。今年はもう少し大きなスクリーンで見る作品を増やしたいと思います。

よければあなたの昨年心に残った(良くも悪くも)を映画をお聞かせください。

2016年総鑑賞作品星取表(鑑賞順)
※(再)は再鑑賞作品(上記には入れず)
※星は初観時の感想

1 最強のふたり(再) 5
2 キングオブプリズム 2.5
3 七人の侍(再) 4.5
4 マイレージ、マイライフ 3
5 スタンドバイミー(再) 3
6 イノセンス(再) 2.5
7 ヴィンセントが教えてくれたこと 3
8 しあわせへのまわり道 3
9 バットマンビギンズ 3.5
10 アーティスト 3.5
11 マイインターン 3.5
12 Dearダニー 3.5
13 コール 3.5
14 ガール・ネクスト・ドア 3
15 パンズ・ラビリンス(再) 3.5
16 タイピスト! 3
17 言の葉の庭 3.5
18 Dr.パルナサスの鏡(再) 2.5
19 大統領の料理人 3
20 イエスマン(再) 3
21 ONCE ダブリンの街角で 3
22 ハンナ 2.5
23 ダラス・バイヤーズクラブ 3
24 トゥモロー・ワールド 3.5
25 危険なメソッド 3
26 スクール・オブ・ロック 3
27 ホドロフスキーのDUNE 4
28 ババドック 2.5
29 フッテージ 3
30 思いやりのススメ 3
31 茄子 スーツケースの渡り鳥 3
32 ドライビング Miss デイジー(再) 3
33 キル・リスト 3
34 抱きたいカンケイ 3
35 マダム・イン・ニューヨーク(再) 3
36 心が叫びたがっているんだ 3
37 傷物語 熱血編 3
38 マイインターン(再) 3
39 アルゴ 3
40 バベットの晩餐会(再) 4
41 千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜 3
42 ジャックサマースビー(再) 3.5
43 繕い立つ人 3
44 劇場版響けユーフォニアム 3.5
45 リスボンに誘われて 3.5
46 アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生 4.5
47 アンダーザスキン 4
48 ムーンライズキングダム 4.5
49 小悪魔はなぜモテる? 3.7
50 ヒアアフター 4
51 毛皮のエロス 3
52 天才スピヴェット 4.5
53 ストップメイキングセンス(再) 5
54 グレートビューティー追憶のローマ 4
55 her/世界でひとつの彼女 4
56 ハンガーゲーム 3
57 ゴーン・ガール 3.5
58 天才スピヴェット(再)
59 コングレス未来学会議 3.5
60 私が、生きる肌 3
61 ゼロの未来 3
62 魔法にかけられて 3


posted by tom at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445447742

この記事へのトラックバック