2017年04月02日

『on hold』The XX

本格的に身の回りを片付けてみようじゃないか!と
先ほどドキュメントスキャナをポチりました。41200円ナリ。

会社の打ち合わせ机にどこかの工場でいただいたボールペンが立ってます。
スタンドからスポーンと抜けて、戻すとシュル〜ンとゆっくり沈んでいく。
もうこれこそ中小の旋盤の匠のワザなのじゃ!と地味に主張しています。
そういう曲ってありますよね。


え?何を言ってるのかわからない?
うそ!わかるでしょ。

たとえば
ELOの『Shine A Little Love』とか
AntonellaRuggieroの『Il Palpito Di Questa Felicit』とか
ほらそんなの。
遊びまで計算された無駄のない曲といえば良いのかな。
今回紹介するのもソレです。

幸薄そうなイモいおねいちゃんがこれまた幸薄そうな声で
また、少し足りなさそうなお兄さんがロバートパーマーばりのシブい声で歌ってます。
この声の対比が短編映画のよう。

これはサタデーナイトライブ出演時の映像ですが
妙なラップ部分にユラユラと中腰でギターを左右に振ってる仕草が最高に格好悪いです。

posted by tom at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | トマトなミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448666545

この記事へのトラックバック