2017年05月21日

【異種交流】「メッセージ」(2017)

全長450mもある12機の宇宙船が世界各国に出現。(日本は北海道)彼らの目的は何なのか。
コンタクトをとるために言語学者のルイーズが呼ばれ....


話題のハードSFです。ですが....
はい、少しネタバレします。
 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、最近数本続けて鑑賞しましたが、セリフが無いシーンが多い、非常に映画映画している作品を撮る監督です。今回は映像的、音響効果的に「複製された男」と被るような気もします。
エイミー・アダムズ、お気に入りの女優さんです。劇中別にひっかかる演技はしていないのですが、なんとなくこの作品の主役にはあってない気がしました。

物語のキーワードは言語学の一説である「自分とは違う言語を扱えるようになると、その種族の思考もできるようになる」です。
娘の名前は回文であり、宇宙人の文字は円。

音楽、アボリジニやチベット系な感じで面白いです。

この映画が何よりも凄いのは、最後はメインと思っていた宇宙人とのコンタクトエピソードが添え物になっちゃうことでした...。エスエフのくせして最初から観客にミスリードさせ続けるの。叙述トリックみたいなんですよ。
けど、クライマックスの普通に会話してるシーンにはちょっとあれっ?て違和感。
まぁ、なぜそうなったのかは全体を通して考えるとわかるんだけど何か物足りんのですよ。う〜ん....。

今回初めてネットで前売り券を購入してみました。ムビチケっての。
アマゾンで買って、ムビチケ使えるシアターのサイトで席まで選んで、
当日劇場で券売機にメールで来た番号打ち込んで発券する。面白いね。
posted by tom at 01:09| Comment(3) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひさしぶりっす
エイミー!エイミー!
おいらも魔法にかけられてでお気に入り。
唯一市内にある映画館もムビチケなので
使ったけど、席決めれるのがイイね。
Posted by たま at 2017年05月29日 09:59
エイミー!エイミー!
今見たら「ナイトミュージアム2」に出て来た時も役者の名前知らんのに褒めてたわ。
「ジュリー&ジュリア」のだいどこで駄々こねる場面とかよく似合ってて好き。
Posted by とむ at 2017年05月30日 00:46
追伸
鼻が上向いてるよね、彼女。
Posted by とむ at 2017年05月30日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック