2017年05月21日

グジョ!

最近本当にイヤになるほどメンタル面が弱くなったので、色々と考え方を変えて工夫している。
まぁ、ええオッサンにもなってくるとガタもくるわな。

ガタもくるといえば、家の方もガタがきはじめた。
買った時点で中古の19年ものだったが、主に水周りだけ直して入居。
しかし、いろいろコマゴマ改装すると最後にトイレが新調する費用がなくなって
そのままだったことを、今だに奥さんから「あの時一緒に直してりゃあ」とモゴモゴ言われることがある。
先日も何度かレバーが降りきってないまま半日経っていたようで、水が勿体無いことをした。

このレバーが降りない案件、過去に何度かあったのでタンクの蓋を開けて、玉鎖とウキの位置関係をさわったり
底のゴム栓を掃除したりして元に戻ったのだが、今回は同じことをしても治らなかった。
もはや、何かの部品を交換する必要があるということなのだろう。しかしその何かがわからない。
考えられるのは、毎回墨のような汚れをまとったゴム栓だとは思うのだが、買い換えるべきなのかどうかわからない。
確かここら辺の水は少し塩分が多いとかどうとかという話も聞いたのだが、それがゴムを溶かしてるのだろうか?いや、そもそも水道水にその土地の塩分が入るものなの?んん?

えーい!と近所のDIY店に行って様々な会社のタンクサイズに合う複数の穴が空いたゴム栓を購入。
取り付けたのは良いものの、え、これ少しデカすぎるのじゃないのか?という感じ。
でも無事タンクに水は溜まって、止水栓に連動するウキが水平までくると、綺麗にピタッととまった。
おお、やればできるじゃないか!

トイレ修理の料金は数千円+出張費。それを700円程度で納めたのならGoodJobですな。

その次はまたもや止水ボタンと止水栓の壊れた浴槽。
これはさすがに正規の会社から壊れている部品だけを購入。小さなパーツだけど送料も含めて合計3000円ほどだった。これも本当は業者に来てもらって直すべきかもしれないけど、この程度ならと付け替えた。
ポタポタ漏れる温水冷水シャワー付きカランも自分で新しいのに取り替えた。これはカラン自体が17000円ほどもするので購入するのにかなり勇気がいった。取り替える前に何度か調子の悪いカラン自体を分解していじってみたけど、お湯と水を切り替える仕組みが面白くて感心したよ。

で、先週は奥さんが買って来た障子紙を張り替えて部屋を明るくした。
最近の障子紙ってアイロンで簡単につくんだねー!

家がボロなのは仕方ない。誰かが面倒みてやらなければどんどん崩れていく。

今考えてるのは外れやすい網戸のことである。シャーッとひくとポロンと外れる。
レールがすり減っているのではなく、窓の中心の天井部分が落ちて来て
真ん中と端とで窓枠の高さが違うのが原因、真ん中の高さに網戸サイズを合わせると端でカパカパになっちゃうのだ。
網戸は窓本体と雨戸の間を走るので、いまあるレールの外に新しいレールを足すことはできない。
では高さの融通のきく、大きな滑車とスプリングのついた雨戸があるのか...。
そんなことを考えながら日々を過ごしている。
posted by tom at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまたたまやで。
おなじくガタガタやでw
年明けには腕が痛くて上がらんようになったし
(50肩とかではなくて、神経痛らしい・・・)


修理お疲れさんです。

網戸>>
スプリングついた滑車、どこかで見た気がするよ。


ウチもそろそろ温水器がやばいのよ、、、
買うとスゲー高いのでリースとかもあるらしいんやけどね。
カランもそろそろやばいかも。壊れたら、
昔ながらの湯と水別々にひねるやつでもいいかもね。安いから。

あと、すぐじゃないけど、外壁塗り。
分ってたこととはいえ、これが高い。
おねーちゃんが今高2で、そのあと進学するので壁は後回しだな。屋根以外は自分で塗れそうな気もするけど。気がするだけでたぶんできんのやろけどな。
おっちゃん、プラモデルやったらなんぼでも塗ったるんやけどな
Posted by たま at 2017年05月29日 12:32
近所の家いじってるものですけど、たまたまオタクの家見たら、親切心で言わせてもらいますが、塗装あんまり持ちませんで....。ま、近所やってるついででっさかい、出張費の方は負けさしてもらいますけど、どないですやろか?瓦もずれてまっせ。
ってのを引っ越してから門越しに30回ほど聞いた。

塗るのはするけど先に落とすのが手間や....。
Posted by とむ at 2017年05月30日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450101598

この記事へのトラックバック