2011年02月02日

わたるせけんは

中央が、今年の鬼です。

PICT0001.JPG
posted by tom at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

リサイクル

PICT0005.JPG

先日夜中の1時半ごろに、イラスト投稿サイトに3つほど古いイラストを上げますと
1分もしないうちに9人ほどのアクセスがありました。
評価してくれたのはそのうち2点ほどでしたが...。
10代の二次創作がほとんどを占めるサイトですから、僕の絵などほとんど対象外なんでしょうが
ハシニモボーニモひっかからんとこまでは言ってないことを確認できて良かったです。

 ちなみに僕の絵は、本人は「誰にも描けないような絵」を目指してくゎ〜!っと情熱的に描いてるんですが、何故か他人からは「誰にでも描けそうな絵」に見えるんだそうです。

 で、新しい絵もついでにかいてみるかと、スケッチブックを開いたんですが
1枚描いたところで、ネタがつきまして....というか描いた1枚があまりにもいつもの慣れたモチーフのものをかいてしまって「おっとと、これはネタ切れぎみじゃん」と自覚したんです。
そんな時、同じスケッチブックから出て来た描きかけの絵が1枚。これが2年前ぐらいに描きかけてやめたもの。
で、たまたま持っていたペンがその絵の線と合ったので続きを描きました。
作家が行き詰まった小説を寝かせる話はよく聞きますが、同じような感じなんでしょうかね。
面白いほどペンが進みました。(完成はしてない)
描きかけで置いているということは、少なからず思い入れが残っているということですから、
この方法で、沢山のそれらが「作品」として蘇るかもしれない。楽しみです。
posted by tom at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

「録画出来る地デジチューナー」を購入の巻

我が家のテレビはワイドでないアナログテレビです。
現在は、最低値のチューナーで地デジ化済。
しかし、このチューナーが出来るのは「デジタル映像をキャッチ」「番組表を出す」のみ。
そこで、今回は少しだけレベルアップ!(...まだテレビは買い替えない)
バッファローのTV用地デジチューナー「DTV-H500R」(amazonで¥ 16,251 )を買ってみた!続きを読む
posted by tom at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ぽち袋-完成

こんなもんですかね。もぐらたたきみたい。

po2011.jpg
posted by tom at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

来年のぽち袋-試作品

喪中なので年賀状は書けないけど
コレはつくらんといかんのよね。

今回は奥さんのアイデアで、シルクハットからウサギがにょこっと出ます。
お金はウサギの後ろにいれるかな。

PICT0001.jpg

手書きでいくか、イラレでいくか、考え中。
posted by tom at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

親子合作

obake.jpg
posted by tom at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でた!「もうじゅ千のたび」

「おとーさん。お話作るってむずかしい?」
2年生の息子さんが聞いて来たので
「つくるのは楽しいけど、人に読んでもらうものを作るのは難しいよ」
と答えた。

その数日後、リビングの本棚にあったのが
らくがきちょうをやぶって作った冊子

「こわ〜いはなし その1」

...な、なんじゃこりゃ?!
続きを読む
posted by tom at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボトッ

昨日の朝、駅まで走ってホームにたどりついたところで
「ボトッ」という音とともにカバンの肩ひもが切れた。
いや、切れたというのではなく金具の回転するところが削れて外れてしまったのだ。
「え?」
あまりにもカバンが綺麗に垂直に足元に落ちたので、笑ってしまった。
まるで「超能力学園Z」のヘザー・トーマス並みだ!(ニヤニヤ)
そりゃ今読んでる本が「コズミック」っていう4センチ厚のミステリだったり
お茶のたっぷり入った水筒と弁当入れてたりしてるけど
そんなに重かった?

お昼に開けた弁当が、ちらし寿司のようになってたのには泣いたナ。

今週はこのカバンで我慢して、日曜に新しいカバンを買ってもらおうと思ってます。
ずっと肩掛けカバンなので、そろそろリュックにしようかな。
posted by tom at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ゆるちんのゆるはちでいくのだ。

 思えば僕もバカボンのパパより年上になってしまっていたのだ。
この年齢にもなると自ら命を断つ人も増えちゃうのはなんとなく分かって来た。
もっとも自分はものすごく鈍いのでその境地まで到達しないし、
まわりのフォローも受け止める余裕はあるから大丈夫だけど。

 たしかに会社でも上司も歳とって、フットワーク鈍くなっちゃって
かわりにこちらの仕事の量が年々増える割には、全く基本給が上がってなかったりして
かといって、新人をどっと入れるほどの余裕は会社に無いワケで。

 しかし一週間後に夜間作業があると聞かされただけで、当日までの7日間ずっと憂鬱になるときがある。
7日間もだよ。気がついたら、家にまでその憂鬱を持って帰っている。
家まで仕事は追って来ないんだけど、心の切り替えが出来ていない。
うむむむ〜とずっと考えている。

計画を立てたり、段取りを考えたりするのは仕事を効率的にこなしていくのにはいいのだけれど、それが仕事以外にも影響して良くない方向に行ってるような気がする。
こんなことしてたら、あっというまにパンクしちゃうぜ。

...などと、手榴弾が爆発したり機密映像が流出しているホットな街の会社から書き込んでみる。
....全然計画的じゃないな。
あ、もともとマヂメな性格でもないから、これでいいのだ。
ついでにいまから、会社のブログの記事も書いちゃうのだ。
同じようなユルい内容を書いても、次から書くのは「仕事」なのだ。
posted by tom at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

具象と抽象のミックス

小学校の時の図工の先生の個展に行ってきました。
我が家は夫婦で(違う学校でしたが)この先生にお世話になっていました。
先生の作品は当人いわく「具象と抽象のミックス」でして
描いている絵の上に巻いてある紙やちぎった紙などが貼付けてありました。
レイヤーの一番上が立体ってところでしょうか。

正直「先生、どこに行ってしまうんですか」って思いました。
絵の端々に描かれた手や足のタッチが、昔、運動会の看板にかかれてあった絵と同じだったのには安心しましたが、絵の中心になるものが無い。というか希薄。
拡散していく感じなんです。とらえどころがない。
あくの強い性格の先生なので、そういう拡散していくボンヤリしたものばかりを描いているのが少し不安でした。

会場で、奥さんが世話になった担任もやってきて30年ぶりの再会に緊張してました。
人生とは面白いものですよ。
posted by tom at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

老婆走

昨日、学校に忘れ物をした息子が、学校に戻って帰るとき道ばたで
無言なオバサンに追いかけられ、怖くて必死で逃げてきたそうです。
汗をブルブルかいて帰ってきた息子を見た奥さんは、一応学校に連絡しといたらしいですが
なんなんでしょうね?
ほんわかと予想するなら、痴呆な人だったのかなぁとか。

その晩、息子は寝床でうなされるのかなぁと思ったら、
僕の方がいや〜な夢でうなされてしまいました。なんじゃこりゃ。
(ちなみに夢自体はもう思い出せなかったり)
posted by tom at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

三つの斎場

この前の週末、また葬式に行ってきました。
42歳は本厄ですが、自分の体調うんぬんより
まわりのほうからいろいろあって、大変です。
大変つっても、葬式中はいつも寝てるんですけどね。

週末の故人は奥さんの叔父で、
その昔結婚直後に親族同士で飲んで
その人の家でヘベレケになって一晩世話になった思い出があります。
なんか、酒の入った杯に切ったリンゴを乗っけて「リンゴ酒でまぁどうぞ〜」とかなんとか
むちゃくちゃ酔っぱらって妙な状態になっちゃってたのを
かすかに覚えてるんですが....。

告別式の後の食事で、あの時一緒に居た人と同席になりまして
いきなりコップになみなみと日本酒をつがれました。
…また酔っぱらいました。

三ヶ所の斎場に行きました。あたりまえですがいずれも静かな建物ですね。
広島の斎場の敷地内にはなんと林間学校がありました。
「子供の頃にあそこでお泊まりの会があったけど怖かったんよ〜」という話を聞いて爆笑。
たしかに怖いわ。
posted by tom at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

祖母逝去-94歳-日帰り居眠り旅行

祖母が亡くなりました。大往生です。
最後の12年間ほどは病院でしたが、後半はしっかりボケて
口からも食をとらずに(腹にチューブを通して)ぼんやりと生きていました。
20代に原爆で消えた旦那を探しに街に行って被爆しました。
今頃は、上で再会して「あんただれ?」つってるかもね。

僕は姉と朝8時半に西明石から新幹線にのりまして
2時間半かかって田舎に到着しました。
2時間半も乗り物乗って移動なんて、ここ15年ぐらい無かったので楽しかったです。ところがまぁ、僕は「電車」と「お経」はかならず眠ってしまう癖がありまして、昨日はほとんど寝ていたようです。

夏休みの終わりとあって、あるツアー団体に遭遇。
老人とその孫とか親子3代ぐらいが白い紙にかかれた列車番号と時刻を見ながら席で談笑しています。どうやら「いろんなしんかんせんをのっちゃうよツアー」みたいでした。
「ここが喫煙席だわ」とかいいながら列車後部のガラス張りの部屋にカメラを持って行って、中でスパ−っと煙草を吸ってるおっさんと目が合ったのか、撮影し損ねた親子がいましたよ。

この夏の始めの豪雨で土砂崩れがあってローカル線が断線していました。
なんでも復旧に1年ほどかかるとか。今は途中から線路を外してトラックが行き交ってるそうです。使われていない線路はすぐにサビがきていました。
しかし、ポコポコと間近に島が浮いている海の真横をゆるゆると走るローカル線ってのはなんとも言えず贅沢ですね。(また土砂崩れしないようにゆっくり走ってるんだって)

田舎に到着。小学生の時以来会ってないイトコ達に再会。
みんな子連れのおっさんになってました。
はずまない会話に苦笑。2週間くらい一緒に過ごしたのにねぇ。

庭にブルーシートで簡易の日よけをつくり椅子を並べて告別式が始まりました。まぁ90歳も過ぎるとやってくる人数も微妙です。先に逝ってる人も多いですからね。

今回は居眠りに関しては個人記録かもしれません。
式が始める前に座っていて、もう少しで始まるのかな〜と思っていて、気がつくとお坊さんが読経の途中でした。
かなり驚きました。
しかしそのまままた眠たくなって来て、気がつくと目の前に焼香がまわってきてました。
いやびっくり。時をかける少女の気分だね。ラベンダー!
祖母も笑ってくれるといいのですが。

posted by tom at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

なつにごそごそ

子どもたちが
夏休みの工作をしています。
kosaku.jpg

僕もやってます。
kosaku02.jpg
kosaku03.jpg
posted by tom at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

最近の動向(どうこう)

一昨日、寝る部屋のエアコンが壊れました。
....壊れました。
室外機がうんともすんとも言ってないようです。

僕の目覚ましは1050円ナリの電波時計なんですが
便利な事に気温が出るんですよ。
で、暑い暑いと言いながらもなんとか浅い眠りを獲得して
朝の目覚ましを止めたら「31度」
うがー、見れば見るほど腹立つ気温です。
マジックで塗りつぶしておこうか。

かといって最近何もしてないのか〜というとそうでもありません。
オリガミの貼り絵してます。貼り絵というより点描です。
ipodで怪談書いてます。ぜんぜん怖くないです。
3Dソフト「Blender」(無料)勉強してます。難しいです。
いつもよりゴソゴソ度が高いかも。

この夏はとうとうボーナスがナスでした!
いろいろつらいです!
仕事が少ないからゴソゴソにいそしめるというのが現状です。

奥さんがやんわり溜めておいてくれたiPad購入の資金が
エアコンに流れま〜す。
それでもいいんで〜す。今はそのほうがありがたいの、ボク。

生きてりゃいいサー、生きてりゃいいサー
そうさー生きりゃーいいのさー るんるん
(by 河島英五)


追記:
奥さんがエアコンを注文したそうです。
しめて10マーンほどするそうで。きっついです。
しかも今年は新規購入者が多くて工事も1週間から10日ほど待たされるそうで、いきなり正念場ですわ。
posted by tom at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

ひとりミッカカン-後記

まぁ、なんですな。
一人だけの三連休つっても仕事も家事も沢山ありましたから
一日があっというまです。

3日間のうち前2日が同じパターンですから
1日目で掴んだ段取りや失敗を2日目に生かそうと
計画したんです。
しかし、急に実家に呼び出されました。
夕飯をご馳走になったのは有り難かったのですが
計画通りに行かず、妙な頭痛を発生して早めに寝ました。
考えてみれば、以前からこの日を聞いていた親が
42才の子供(苦笑)を少し心配したのかと。
ただ暇だから呼んだだけかもしれませんが。

アルコールに関しては、嫌いではないのですが
一人で飲んでも美味しくなかろうと、一日目はやめておりました。
しかし、二日目に去年から漬けている梅酒を棚の奥のに見つけまして
「う、美しい」
と一杯だけ頂きました。見た目と同じ美味でした。

がんばって見た映画は、結局3本
「チョコレート・ファイター」「愛のむきだし」「サンセット大通り」
だけです。ホラーは観なかったナ。
「むきだし」が長かったのが予想外でしたがまぁ面白かったのでいいです。

3日目に「四畳半神話大系」の最終3話を、洗濯もんを畳みながら観ました。良かったです。

読み終わった本は、瀬名秀明「ブレイン・ヴァレー」
とても面白い部分が多いけれど、ようやく読み終わったって感想でした。いろいろ大変でした。次はリサイクル図書でもらったベルンハルト・シュリンク「朗読者」です。

「ピアノの森」17巻も出た月に買ってたのに、ようやく昨日読みました。(「ちはやふる」最新巻も買ってますが、まだ読んでません)

某ポスターコンテストに出すレイアウトをしてましたが、暑くてあまり上手くまとまりませんでした。締め切りが9/14なので慌ててます。(今回は貼り絵でやってみたいからなぁ)

夕方家族が帰ってくる予定が、渋滞で9時過ぎになりました。
アリモノとその日のうちに食べなきゃいけないもので夜食を済ませて、帰って来た家族が風呂に入った後、奥さんからキャンプの話を聞きました。(子供は次の日も学校があるので、すぐ寝ました)

最近、みんな居なくなって一人で暮らす老後をふと想像してみたりするんですが、これはいろんな意味で耐えられないですよね。
自分のためだけにする買い物なんて驚きも歓びも無い。
ツマランにもホドがある。
相手がいないと生活がかくも面白くないものになるってのが
ほんのちょっぴりわかった連休でした。
posted by tom at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

大阪市立科学館

PICT0058.jpg

学天則!学天則!


というわけで大阪市立科学館に行ってきました。
お目当ては、プラネタリウムホールで上映する全周天映像「HAYABUSA」
あの小惑星探査機「はやぶさ」のCG映画です。45分。
完璧な漆黒とシャープなラインが出てないところが残念ですが
背後から迫ってくる地球がやがて真上から覆いかぶさってくるオープニングに圧倒されました。
映像自体は、はやぶさがひたすら宇宙空間をとんで、イトカワで作業をするという、実に地味なものばかりでしたがそこにナレーター・篠田三郎の声がかかると、なんだかぐっとくるのです。
こんな機械主演で泣きの映画を作ってるのは、どんだけロボット好きなんだ!日本人!と思いました。
とにかくその孤独で壮大な計画に、人間の可能性を感じます。
ラストシーンは、なんと来月2010年6月の予想映像でしたが、これは本当に泣けました。

posted by tom at 06:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ヤッチマッタナー

子供の漢字テストなんかみてると、時々「おおっ!」と驚く当て字が出てきますよね。
以前も、我が家のあちゃんが「雪が降った次の朝はあたり一面の世界」と書いて、ハードエスエフな一面をのぞかせてました。
最近でも、「そしき」を「組組」と書いてましたっけ。(くみくみっ!)

で、今回は弟さんのホームラン級が出ました。
「お正月におとしだまをもらいました」
の解答に.....続きを読む
posted by tom at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

正月おわって

正月おわって、すぐに三連休。
いや、ウチの会社は土曜出勤だったけど。
正直、この連休の方が「お休み」らしいお休みでした。
なんというか、正月実家詣りばかりで終わっちゃったからね。
「お客さん」なんで、
いろいろ食べさせてもらったり、何もしなくて楽な筈なんだけど
お風呂の順番とか、ふとんの敷き方とか、細かいところが
いまひとつよその家なんで気を使っちゃうよね。

...贅沢だな。この不満は。

とにかく、今年初の気楽な連休を過ごしました....と思いきや
柳原のえべっさんに行ってきました。
人が多くて、疲れた。
どうして、気楽に過ごせないのだ?この人生。ああん?

ああ、ツタヤにも行ってきました。
中途に遠いから、4ヶ月に一度ぐらいしか行かないんだよね、ツタヤ。
僕が借りたのは
「ビッグ」(子供に見せるために吹替入)
「グラン・トリノ」
「チョコレート・ファイター」
です。
あちゃんが借りたCDが、いきものがかりと、絢香と、アリス。
ゴダイゴが無いのにがっかりしてたのにはワロタ。お前は何歳やんねん?!
下のタヌキッチはDVDで
「ドラゴンボール1巻」
「トランスフォーマー・リベンジ」
でした。どうして新作借りるかなぁ...。
posted by tom at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

年末からお正月にかけてのはなし。

・おおみそかの映画ワクワク
前日の作業が深夜12時をこえましたので、実家に泊まり
実家での大晦日の朝となりました。
その晩も作業の予定が入ってましたが、出社が夕方5時半ごろで良いとのことなので、久々に「映画でも行ってみるか!」とウキウキ新聞を広げました。
最初は名画座を調べていたのですがパルシネマの「ディアドクター」「南極料理人」の2本立などありました。
けど、邦画の気分じゃなかったので封切をさがすことに。
シネリーブルというところで
「ジェーン・オースティン〜秘められた恋」(昨年のドラマ「高慢と偏見」原作者ということで気になって)
「バシールとワルツを」(アニメだけどね)
「ジュリー&ジュリア」(また料理映画かと思うなかれ)
ここいらへんが気分に合っていたので
じゃあ、豪華に封切2本立イッてみよう!
と息巻いていました。

しかし、結局実家の掃除と買い物で夕方までかかってしまい、計画は頓挫。
まぁ、大晦日ですからこれでいいのですよね。

今回いろいろ調べていて
ここ、20年で神戸はめっきり映画館が廃れちゃったということだけ実感しました。少し寂しいな。

・紅白
家に帰りますと、丁度スーザン・ボイルさんでした。
このおばちゃんもどういうわけか、すっかり有名になっちゃって
この境遇を本人が望んでいたものかどうか、複雑な思いで観ました。
矢沢のえーちゃんも出てましたが、喋り方がだんだん田中邦衛に似てきてませんか?「ほたるぅ」って言って欲しいです。
ドリカムの「知らん歌」がトリになっているのをみながら、「これもコレでいいのかな?」なんて思いました。吉田の妙な半パンとそこに手をやる仕草が....エロしそこなったような中途な半パンで...妙でした。

・お参り
いつもどおり、寺行って、神社行きました。
大吉でした。(親は凶でした)

・初夢
会社でややこしい仕事をやっている夢を観ました。
あまりにもリアルなんで、完成して目が覚めたときは「これが初夢か?!」と嘆きました。正夢になっても嬉しくない。

・Wii
昨年のサンタサンはフトッパラで「Wii」を置いて行ってくれました。
ただし、ソフトがついてないのがショックでした。
ですので、子供と3人で「はじめてのWii」という9コほどミニゲームとコントローラー1個が入ったソフトを買いました。
コントローラーがしょっちゅうブルブル震えてるのには参りましたが
「ビリヤード」と「牛レース」は面白かったです。
あと部品が多いので出し入れする方式にすると面倒くさいので、これはなんとか場所を確保して固定するのが吉ですかね。


と、ここでもう初出勤となりました。
みんな元気に出て来てよかったよかった。
posted by tom at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の笑像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする