2016年12月24日

【TVドラマ】逃げるは恥だが役にたつ 全11回

リストラされ新しい就職先も見つからない主人公みくりは、父の勧めで独身男性宅に家事手伝代行に行く。思いの外好条件の勤め先に喜んだ矢先実家の引越しが決まり(さらに就職先が無さそうな田舎)、今の生活を維持するため、雇い主の男性に職業としての契約結婚を提案する。
2016年秋冬を席巻したドラマです。
 
続きを読む
posted by tom at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『コングレス未来学会議』(2015仏イスラエル他)

女優ロビン・ライトは、映画会社から最後のオファーとして「女優ロビン・ライト全てのスキャン」を依頼される。配給会社ミラマウントはスキャンしたデータで新作映画を撮り続け、役者本人は私生活も含めて今後一切演技をしないという条件で自由な生活を手にいれる。難病の子供がいるロビンはオファーを引き受けたのだが...。 ポーランド稀代の天才作家スタニスワフ・レムの「泰平ヨン」シリーズからの映画化です。 続きを読む
posted by tom at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

Meaning of Life

IMG_0281.JPG

近況です。
Twitter、やってません!
LINE、仕事で月イチくらいしかさわってません!
FaceBook、やめました!
映画、今年はいまのところたった58本、しかも劇場にいったのは7本だけであとはNetflixばかりです!
自分がこっそり関われた作品さえも観てません!けど最近観たものは当たりばかりです!
子供、あちゃんが芸大決まりました!しかし現在地を這うような成績で高校卒業が決まっていません!
下は、体育界系で毎日クサイです!ケダモノです!
奥さん、久々の就労経験に興奮気味で、毎日泣いたり笑ったり、まるで女子高生みたいなんで、家では「JK!(女子工員)」と呼んでいます!先日社員食堂に出てきたデザートが美味しかったらしくて。聞いてみると商品名が「学校給食クレープ」でした!このことからやはり会社じゃなくこっそり学校に通ってるのではないかとにらんでいます!
漫画及び本、ほとんど買ってません!けど先日乾石智子の本を7冊大人買いしました!一冊読みましたが、ハイファンタジーの旗手がまさかのハリーポッター風で始まったので一瞬損したかと思いましたが中盤から指輪物語風に変わって安心しました。
らくがき、あまりする時間がありません!最近は仕事のスキルアップも兼ねてペンタブを再度勉強しています!
ちなみに上の画像はあちゃんの誕生日用に会社でプリントしたものですが、何か文字をいれたら尼で売る予定です!そんな仕事もしてます!
先週末、どこでねじったのか腰が痛いです!
本日これを書きながら聞いてるのはこれです!初めてQUEENを聞いた小学5年生に戻った気分で聞いてます!
『come here』のコーラスにしびれます!




posted by tom at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

Xの事情(Y談ではない)

 それにしても仕事が多い...
前の会社とは違い週休二日になったとはいえ、その分仕事が5日間にギュウギュウ詰めで、結局毎日社の入り口の鍵を閉めて帰っている。
 日本人は自分の時間と仕事の時間を分けて考えてはダメだよという記事をどっかで読んだのだが、もうどこだったか思い出せない。しかしその教えはなんとなく事あるごとに思い出して、仕事の中に遊びや楽しみを取り入れるようにしている。
 そんなこんなで通勤途中の人物観察も楽しみの一つである。

 その彼女は、毎朝ホームのほぼ同じ場所に立っている。僕が乗る車両の扉を待つ列の先頭である。
僕は彼女の事を「のっぽちゃん」あるいは「要さん」と呼んでいる(勿論心の中で)
なぜならば、容姿が俳優の要潤が女装したらこんな感じだよねと思ったからだ。
続きを読む
posted by tom at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

【TVドラマ】表参道高校合唱部!(全10話)

〜両親の別居生活で母親方ついて香川から東京にやってきた真琴は
両親の出身である表参道高校の合唱部に入り、二人の復縁を成就させるべく伝説の「愛の歌」を探そうとする。〜

久々に日本のドラマ全話見ました。
いわゆる和製「GREE」なんだと思いますが、ごめん「GREE」も最初の数話しか見てません。(妊娠話が出てきた時点でなんだこりゃ?で....)
合唱の選曲が少し懐かしめなのが親の層も巻き込む企みなんですよね。うまいなぁ。
歌のうまい人ばかりで、かわいい若手も多いし、脇の大人もはまり役が多くて満足しました。

楽しく観れた分、少しの欠点が惜しいなとも思っています。
(以下ネタバレあり)


どこがというと、まず、主人公真琴がピンチに陥った時にする「10秒ジャンプ」
1話めのクライマックスに必殺技のように出てきます。物語の空気を変えるイイアイテムでした。
しかし、これが後半になると全く生かされなくなってしまいます。
確かに印籠か無敵アイテムみたいに毎回使われるのもどうかと思いますが、もう少し考えて欲しかったと思っています。

次に、物語の敵役であるデビッド伊東扮する教頭。コミカルに演じてよかったのですが、改心するのがあっさりすぎて残念すぎます。
個人的な意見ですが闘病話に1話割くなら、実は家庭事情が大変な教頭回というのがあったほうが、作品の質が30倍は上がったと思うんですよ。ロクデモナイ暴力ヒモ男にから家出娘を連れ帰る。夜の公園で泣きながら10秒ジャンプして娘の下宿先に乗り込む教頭、なんてベタな展開でも良かったんです。

そういった点でいうと、最終回で語られる真琴のダメ親父の旅話が実に良かったです。キャラに深みがでました。

合唱部のメンバーに一人演技が上手いというか、脇役なのにちゃんと全身演技してるなって娘がいました。
途中から主人公よりそっちの方が気になっていました。少しオーバーアクト気味かもしれませんがこう言うコメディドラマならいいですよね。舞台でも出てる女優なんだろうかと調べましたら、森川葵と云う人でした。
数日前もポカリスエットのCMに出てきて「あ、売れてるんだ」と納得しました。(髪型はドラマの方が似合っているよね)
神田沙也加の演技も初めて見ましたが、上手いですね。感心した。

posted by tom at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする