2015年03月05日

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」(1995・日)

〜〜人々が電脳で世界と繋がり、身体をアンドロイド化(義体)していく時代。
他人の脳を乗っ取って操る犯罪者「人形使い」と2つの公安三つどもえの攻防〜〜


キャラと世界観の説明が複雑であるがゆえ前置きが長く、メインの事件が起こってから決着がつくまでが短い。
原作も世界構築が素晴らしいので肝心のストーリーを追う前に疲れてしまう。
バランスを崩してしまっているというマンガとしての致命的ミスにもかかわらず人気がある。
この映画もそう言った意味では原作に忠実?
続きを読む
posted by tom at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と観るFilm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

チェンジリング(1980・米)

〜〜事故で妻子を失った失意の作曲家のラッセルは、気分を変える為に古風な館を借りて住み始める。
しかしその館で起こる怪奇な出来事の数々。
屋根裏に隠された部屋を発見、そこには小さな車椅子やオルゴールなど、小さな子供が住んでいた跡があり….。〜〜


直球の館ものゴシックホラーです。

続きを読む
posted by tom at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

『ブレード/刀』(1995・香港)

たしかとても男臭い映画だったよなーと久々にみてました。

〜〜刀鍛治の弟子が師匠の教えを破って街で暴れる男達と対決。片腕を失い崖の下に。
瀕死のところを街外れに住む変わった女に助けられ、身体を鍛え直して復讐に挑む〜〜


本筋はこれで合ってると思うんですよ。かっこいいでしょ。
続きを読む
posted by tom at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「お熱いのがお好き」(1959・米)

〜〜マフィアの殺人現場を見てしまったバンドマン2人が、姿を隠す為に女装して女性ばかりの楽団に逃げ込む。〜〜

ビリー・ワイルダーによる艶笑喜劇の決定版。続きを読む
posted by tom at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

『風立ちぬ』再考

というわけで今テレビで放映してるのだが、
僕自身は台所の洗いものや風呂入ったりして、時々観てた。
どの場面でも目を見張る動き、表現がある。
なんと、劇場で観たときより数倍面白いのだ。
これはと思って観るのをやめた。
またしばらくおいてからちゃんと見直すのが礼儀だろう。

実はこれは長編映画ではなくて、短編、あるいはシークエンスの集まりに過ぎないモノだと言う事が分かってきた。続きを読む
posted by tom at 10:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Film | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする